防ぐことは困難!ピッキングや内鍵回しなどの不正解錠技術

こんなに多いピッキングの手口

サムターン以外にも、空き巣の侵入手口は数多く存在します。ここでは頻繁に行なわれている侵入手口を紹介します。

ピッキング
細い針金のような器具を2本使用し、鍵穴を操作することで解錠する方法です。
バンピング
「バンプキー」と呼ばれる鍵を用いる方法です。鍵穴にバンプキーを差し、ハンマーで叩くことで鍵を開けます。
こじ開け
ドアの隙間にバールを突っ込み、鍵ごと力任せに破壊する方法です。ほかにもドリルを使用し、鍵自体を破壊して侵入する方法もあります。
ガラス破り
窓やガラスがはめ込まれたドアに対して行なう方法です。ガラスの一部を割り、手や工具を穴に入れて、内側の鍵を操作して解錠します。

防犯のプロが教える~近年の空き巣とは~

泥棒は見た目だけで判別することはできません。ここでは防犯のプロによる、近年の空き巣犯の傾向を紹介しますので、鍵紛失時に役立てましょう。

見た目だけでは空き巣とはわかりません(防犯のプロ)

空き巣は周りの人に不審がられないよう、「誰かになりすます」ための服装を着用します。普段着姿で住民になりすます空き巣や、作業服姿で配管工事などの業者になりすます空き巣もいます。最も多いのはスーツ姿の空き巣です。訪問販売員になりすまして堂々と住宅街を歩いているので、プロでも見分けるのは至難ですね。

自治体などが出している不審者情報を確認しましょう(防犯のプロ)

空き巣は犯行を行なう前に、入念に現場の下見を行なうものです。その際に不審に思った人が、警察や自治体に連絡をしていることがあります。このような不審者情報は、同地域に住む人も知ることができます。県警や市町村が運営するホームページに情報が載っているため、被害が起こる前に備えることができるでしょう。市町村によっては不審者情報をメール配信するサービスも行なっているので、事前に情報を集め防犯対策を行なうことが大切です。

TOPボタン