内鍵回しにも効果アリ!補助錠の活用で空き巣対策をしよう

最も効果的な防犯術は「時間稼ぎ」

泥棒

空き巣は捕まるリスクを回避するため、短時間で侵入して犯行を終えようとします。平均して5分以内での侵入を目標にしているため、5分以上時間が掛かった場合は侵入を諦めてしまうのです。つまり、効果的な空き巣対策方法は、解錠に5分以上の時間を掛けさせることです。解錠が難しい最新の鍵を設置することや、解錠自体に時間が掛かる補助錠の使用により、解錠に時間を掛けさせられます。

ドアに設置できる防犯グッズ

鍵の設置による防犯対策は、時間や手間が掛かると多くの人は考えがちです。しかし最近では、手軽にドアへ設置ができる補助錠も多く販売されています。

簡単に設置できるグッズはありますか?
後付けが簡単なグッズといえば、ドアチェーンとセイフティガードがあります。どちらも取り付けることで、ドアの鍵が解錠された場合にドアが開くことを防止できます。家に人がいる際に使用ができ、家に押し入ろうとする強盗などへの対策に用いられます。
ドアの隙間が気になります
ドアに隙間があると、バールを使ってのこじ開けや内鍵回しの被害を受ける恐れがあります。こうした隙間の問題に対処できるグッズといえば、ガードプレートです。隙間のある場所に取り付けることで、バールなどの器具を差し込む隙間を埋められます。
より効果的な補助錠はありますか?
面付本締鎌錠(めんづけほんじめかまじょう)がおすすめできます。取り付けも簡単であり、1ドア2ロックによって不正解錠に時間を掛けさせられるため、防犯効果も高いのです。スイッチサムターンがついた鍵もあるので、内鍵回しによって開けられることも防いでくれます。

TOPボタン